作業スピード3倍!疲労度1/5!里芋分離の必需品!

子ばなれ君のメイン画像
この商品を紹介させていただくのは新潟営業所勤務 長島です。

里芋の親芋と子芋の分離に苦労されていませんか?

株から親芋と子芋を分離させる作業としてよく聞くのは、「人力で親芋(種芋)から一つずつ子芋をとっていく」「株を固い物にたたきつける」等、どれも時間と力が必要な作業です。これでは長時間の作業には向いておりませんし、疲労はたまっていくいっぽう。このページで紹介している里芋分離機は、株をセットし、スイッチ1つ押すだけで親芋と子芋を分離させる優れものです。一輪車付で移動がスムーズなので、圃場(畑)や作業場どちらでも活躍させることが可能。まさに里芋の分離には必要不可欠な製品です。

作業方法

  1. 里芋の株の茎部分を下向きにセットします。
  2. スイッチを押してシリンダーを下げます。
  3. 作業完了です。親芋と分離した子芋を回収します。

分離した子芋と親芋の画像

動画でホクエツ製品を見てみよう!

製品特徴

あらゆるサイズの里芋に対応可能

押圧板アダプターが標準装備されておりますので、小さい株であっても十分子芋を分離させることができます。ワンタッチで簡単に取り外しができますので、押圧板アダプターによって作業時間がとられる心配はありません。

簡単に移動可能

バッテリー動力の電動油圧シリンダーで圃場(畑)や作業場等、場所を選ばずに使用する事が可能。また、本体重量が約46㎏(バッテリー含)と軽量であり、本体の形状もかなりコンパクト。一輪車付であることも合わさって、移動が非常に楽ちんです。

左右どちらでも作業可能

分離させた子芋は、製品下部の流し受けによって排出する向きを変更可能。つまり作業場によって左右の向きをかえていただき、作業効率の良い環境を築くことができます。

お客様のお喜びの声はこちら

個人でも購入できる価格v-saratto-t01
購入しようと思ったキッカケ・改善したかった作業上の問題は?
農業新聞を見て、販売店に実演の依頼をした。掘るのは、ユンボで行っているが、割るのに本当に苦労していた為。
購入する際の選定基準は何でしたか
実演会を開いて貰い、里芋部会のみんなと実演行いながら、商品説明を受けてみて、とても簡単に割れるのが良かった。価格も手頃だった為。
実際に使ってみた感想
かなり楽になった! 使う前は、傷が付くのではないかと心配していたが、傷をつけないで、綺麗に割れる。 今まで、指が痛かったが、これで救われる。 価格もお手頃で、個人でも購入できるのが良い。

2021年9月に「子ばなれ君 SB-120」を購入された 愛知県新城市 今村様」より
孫と一緒に安全に作業ができるv-saratto-t01
購入しようと思ったキッカケ・改善したかった作業上の問題は?
当初手作業で分離作業を行っていたが、とても力の要る作業だと感じ、何とか楽にしようと思いホームページにて探していた。
購入する際の選定基準は何でしたか
ホームページでの情報確認、また、五泉市での実演会にて実機で作業するところを見て購入を決めた。他社とパフォーマンスを比較しても子ばなれ君が良いと思っている。
実際に使ってみた感想
一日で200株ほどの作業をしたが、力を使わず楽に作業ができた。 バッテリーも毎日充電することなく、3日に一度程度で済み良かった。 実演会で見た時は、油圧シリンダーの昇降が遅いように感じたけれど、このスピードの方が安全に作業ができると思う。孫とも一緒に作業ができて嬉しかった。 インタビューの際にはまだ作業場でしか使用していなかったが、今後畑に持ち込んでの使用を楽しみにしている。

2021年8月に「子ばなれ君 SB-120」を購入された 新潟県長岡市高見町 反町様」より 里芋作付面積3.5反歩(1000株程)
重労働からの解放
購入しようと思ったキッカケ・改善したかった作業上の問題は?
分離作業は今まで手作業で、ナイフなどを使用して分離していた。手が痛むため何とかしたかった。
購入する際の選定基準は何でしたか
重労働から解放されたかったので、バッテリー式の一択だった。トラクターに装着するタイプもあるが、高額のため子ばなれ君に決定した。
実際に使ってみた感想
女性でも楽に作業ができて重宝している。シリンダーの昇降スピードも初めは遅いと感じていたが、作業していくと効率よく作業ができて良かった。里芋を傷つけないように調整するためにはベストなスピードだと思う。止めたいタイミングで自由に止められることも嬉しい。

2021年12月に「子ばなれ君 SB-120」を購入された 新潟県五泉市 W様」より 里芋作付面積6反歩

製品仕様

製品名 子ばなれ君
型式 SB-120
寸法(全長) 1310mm
寸法(全幅) 456mm
寸法(全高) 1164mm
重量 46kg (※バッテリー含む)
動力 電動油圧シリンダー
使用電源 DC12V (バッテリー)
バッテリーサイズ 40B19R
能力 120株/時 (※作業条件により異なります。)
昇降回数 満充電時約300回昇降可能
標準価格 247,500円(税込)

合わせて読みたい!里芋関連機器

スイング式里芋毛羽取り機 SK-V ロール式里芋毛羽取り機 SK-300S/T 里芋選別機 SS-3S
2枚のスイングするステンレス製刃で毛羽取りを行う機械です。耐久性が非常に高いです。 ゴムロールを回して毛羽取りを行う機械です。人の手で抜くような仕上がりになります。 里芋を6種類の大きさに自動で選別できる機械です。出荷の際に大きく役立ちます。