スーパー爆音機


鳥追いならホクエツのスーパー爆音機です。簡単操作で効果バツグンです!!

この商品を担当させていただくのは山形営業所勤務 田村健一郎です。

光センサーで感知-全自動の爆音機

この爆音機は「スーパー爆音機」叉は、「アポロスーパー」と言い全自動で使い易いバクオンキです。このスーパー爆音機は、昭和53年に日本で初めて、トランジスターのICを使用し全自動の爆音機として登場しました。

それまでは、"朝、田畑に鳴らしに行き、夕方止めに行くというのが一般的でした。
叉、燃料もカーバイト等が主流でした。プロパンガスを使いICの受光素子(光センサー)で明るさ・暗さを感知して自動的に夜、昼使い分けが出来るようになりました。

製品特徴

  1. 乾電池(単一×4ケ)で約3週間使えます。
  2. プロパンガスは10Kボンベで約1ヶ月半使えます。
  3. 鳴らす間隔は1分~8分位の間で自由に選べます。
  4. 音量の調節があり、小さい音から大きな音まで選べます。
  5. 販売から30年。「信頼のモデル」として評価されています。

今は、どんな機械にもIC(プリント基盤)が組み込まれておりますが、この爆音機はその「さきがけ」となった鳥追機です。
音公害になると判断するような場所では周囲の人の迷惑にならない程度の音でご使用ください。
操作はツマミを廻すだけです。

電子コントロールBOX

操作方法

  1. 爆音筒に脚3本取付と混合管を蝶ねじで止める。
  2. 調整機付電磁弁をプロパンガスのボンベに取付ける。(左ねじです。)
  3. 電磁弁のノズルにゴムホースを取付けもう一方も「2」のノーズルに取付る。
  4. 電子コントロールBOXのふたを開けて電池(単一×4ケ)を入れる。(この時、鳴らす間隔、昼・夜の切替を選ぶ)
  5. 高圧コードのコネクターを電子コントロールボックスに差す。
    (黒いコードは点火プラグに、青いコードはアースに)
    アースは混合管の蝶ねじで止める。
  6. 調整機は電磁弁のコードをコントロールボックスに差す。
  7. 音量調節のツマミは中間位に合わせてスイッチを入れる。
  8. プロパンガスの栓をゆるめて爆音機より離れる。
  9. 音の大きさを確かめてから、次の鳴るまでの間にツマミを右側止まるまで廻す。
    (通常大きな音で使用の場合)
  10. 全部確認したら電子コントロールボックスに保護シールドを掛けてフックはガスボンベに引っ掛ける。

製品仕様

型式 GS-2BDX
標準価格(税抜) 53,000円
寸法(全高) 1,130mm
寸法(全幅) 300mm
有効範囲 10アール~20アール
使用電池 単一乾電池×4本
電池持時間 3分間隔使用で約20日
昼夜切替 ワンタッチ切替
燃料 プロパンガスボンベ5k~10k使用
(10kボンベで3分間隔使用で約40日位)
作動間隔 1分~8分まで選択可

メニュー

株式会社ホクエツ
〒959-1277  新潟県燕市物流センター2-29
TEL: 0256-63-9155  FAX: 0256-64-2088
Mail: hokuhon0@hokuetsu.jp
Copyright© 2013 株式会社ホクエツ All Rights Reserved.